140字以上つぶやき

主にポケモンの事とか。気まぐれで別の何か。

【ポケカ】世界最速で敗北を知りたい【エクストラ】

どうも。あずきです。

 

某日。

「あーあ、何か面白いこと起こらないかなぁ!!!(クソデカひとりごと)」

 

暇してました。

 

そこでポケカのことを色々考えていたのですが、遥か昔にワンターンLOデッキ(ダイナミック自殺)を組んでいたことを突然思い出しました。

「あのデッキ、さらに面白くならないかなぁ…」

当時はXYスタン(XY1〜SM○○)だったので、基本的にXYのカードを主軸にして構築していました。

山札0デッキは1ターンにかかる時間が長く、相手に何をしているのかバレてしまい、場が白けてしまうという欠点がありました。また、ポケカのルール上山札が0になっても即座に敗北せず、次の自分のターンが帰ってくるまで猶予があり敗北の速度が遅いという大きな欠陥があります。加えて、自分の手札を4枚以下にしてからターンを返さなければレッドカードで山札が回復してしまい、次のターンに敗北できないという穴があるため、手札管理がシビアという問題もありました。

あれからしばらく経ち、レギュレーションが変更されたのでXY〜SMに加え、BWのカードも使えるようになり、敗北へのスピードが遥かに上昇しました。特にサポートへのアクセス手段が増えたこと、優秀なエーススペックが使えるようになったことが大きな変更点だと思います。

それではデッキ案を紹介します。

 

デッキレシピ案(1回目)

f:id:azukiss:20190619210616p:image

 

特徴

従来の「山札を0にすることによる敗北」から思考を外し、「最速でベンチアウトする」ことに特化したデッキになりました。ゲームセットのパターンは以下の2つです。

 

①バトル場のシェイミEXまたはメタモンAZスーパーポケモン回収ポケモン回収サイクロンで手札に戻し、ベンチアウトする。(先攻後攻

シェイミEXダブル無色エネルギーをつけ、スカイリターンで帰宅しベンチアウトする。(後攻

 

AZを使ってベンチアウトする方が早いので、とにかくサポートに触れることを意識して構築しました。

 

ところがある人の一言により、もっと早く終わらせることができる可能性を得ました。

 

「言付けベンチアウトが1番早い!(原文ママ)」

 

・・・ええ、それはとても大きなショックでした。そういえば最速敗北狙えるポケモンとして目をつけていましたねぇ(無能)

 

というわけでデッキレシピ案を再検討してみました。

 

 

デッキレシピ案(2回目)

f:id:azukiss:20190619214247p:image

 

特徴

1回目とは異なり、ムウマを進化させること、またはAZで回収することに特化した構築にしました。何故か忘れていたトレーナーズポストも投入し、トレーナーズカードへのアクセスを潤滑にすることができました。さらにミツルの導入により、やみのいし以外での進化ルートの確保と先攻1ターン目ミツルからのオーロット(もりののろい)によるグッズロック対策になるため、安定した敗北を狙うことができるようになりました。

ゲームセットのパターンは以下の2通りです。

 

①バトル場のムウマAZスーパーポケモン回収ポケモン回収サイクロンで手札に戻し、ベンチアウトする。(先攻後攻

②バトル場のムウマやみのいしまたはミツルで進化させ、特性ふしぎなことづけでベンチアウトする。(先攻後攻

 

1回目のデッキレシピ案と決定的に異なるポイントとして、先攻後攻どちらでもプランが変わらないという点があります。この違いはかなり大きく、敗北へのプランが明確になり、安定したプレイングの構築をしやすくなるというメリットがあります。またゲームセットのパターン①と②は、使うサポートが違うだけで基本的に同じ動きによるものなので、状況に合わせて動きを変えなければならない1回目のデッキレシピ案よりもシンプルにまとめることができたと思います。

ここまで書いてからXYのカードに素晴らしいカードがあったので追加することにしました。

 

 

デッキレシピ案(3回目)

f:id:azukiss:20190619220703p:image

 

特徴

サポートのクロケアを導入しました。バトル場に1体しか出さないこのデッキにおいて、クロケアは実質AZと同じ役割を果たすので入れ得です。クロケアを入れるにあたり、じてんしゃを抜くことにしました。理由としては、即座にサポートか回収系、やみのいしにタッチするこのデッキにおいて、手札が3枚以下の状態でこのカードを使う機会がないと考えたためです。じてんしゃも非常に高いカードパワーを持っていますが、今回の構築ではそのカードパワーを十全に発揮することができないと判断し、泣く泣く抜くことにしました。

更にいいカードの情報を提供して貰えたので、早速導入してみました。

 

 

デッキレシピ案(4回目)

f:id:azukiss:20190619222754p:image

 

特徴

全てのグッズにアクセスできるフウロを導入しました。初期手札にあればすぐに使用できるので、速度が安定することが見込めます。フウロを入れるにあたり、ローラースケートを抜くことにしました。理由は、①ドローソースにしては安定しないこと、②手札が増えると特性ふしぎなことづけの妨げになること、の2点です。

ここでブルーの探索はどうか?という情報提供を受けました。「欲しいカードは1枚だしフウロで足りるから十分」と回答したのですが、よくよく考えてみたら不安定要素は取り除くに越したことはないですよね・・・(無能)ありがたい情報を断ってしまって申し訳ありませんでした。

というわけで採用することにしました。(熱い手のひら返し)

 

 

デッキレシピ案(5回目)

f:id:azukiss:20190619223434p:image

 

特徴

段々空気になっていたおとりよせパッドを抜き、代わりにブルーの探索を投下しました。ブルーの探索が3枚であることにはちゃんと理由があり、もし手札がめちゃくちゃ事故ってフウロ4枚+ブルーの探索3枚になっても、フウロブルーの探索どちらかを使用してやみのいしにタッチできれば絶対に特性ふしぎなことづけを使用できるようにするためです。もちろんポケモン回収サイクロンの方が早いですが、枚数的にやみのいしの方が早く見つけられること、サイド落ちがあることを考慮すると、やみのいしムウマージ→特性ふしぎなことづけのプランが一番多いのではないかと思います。

 

というわけで、この構築が多分一番早く敗北できるデッキレシピだと思います。実際に回してみないと分かりませんが。

もしかしたらムウマムウマージフウロブルーの探索が溜まって特性ふしぎなことづけが使えなくなるかもしれませんが、滅多に起こらないことだと考えて無視することにしました。万が一手札に溜まってしまった場合は、気合で回収系トレーナーズを引いてきてなんとかします。

 

〜〜〜6/20追記〜〜〜

デッキレシピ案を修正。

f:id:azukiss:20190620002447p:image

 

おとりよせパッドは手札を減らせるため、万が一の事故でも使えることを鑑み採用。ブルーの探索は無くても何とかなるので思い切って抜きました。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最後に採用カードを紹介して終わりたいと思います。

 

 

ムウマ

最速で負けるためには最速で対戦準備を終わらせることも重要なので最大枚数である4枚。負けることだけを意識するなら1枚でいいが紳士的じゃないので却下。

 

ムウマージ

サイド落ちを考慮した4枚。期待値的にムウマージ4枚が手札に溜まるより何かサポートに触れる方が早いので、万が一手札に4枚揃ってミツルややみのいしで対象にならない時は気合で回収札を引きにいってムウマを回収しましょう。

 

ポケギア3.0

意地でもサポートにタッチしたいので4枚。空撃ちして手札を減らせるのもグッド。

 

ダートじてんしゃ

特定のサポートが1枚あればプランを押し通せるこのデッキにおいて、1/2は微塵もデメリットにならないので最大枚数である4枚。

 

ジャッジマンホイッスル

純粋なドローソース。強いので4枚。

 

ランダムレシーバー

サポートを引けば勝ち(負け)なので4枚採用。入れない理由がない。

 

ライブキャスター

擬似ワンダータッチ。ランダムレシーバーよりも素早くサポートにアクセスできるかもしれないカードなので最大枚数の4枚採用。入れない理由が(略

 

スーパーポケモン回収

擬似AZ。成功すれば素早い敗北に繋がるため4枚投入。入れない(ry

 

やみのいし

ムウマムウマージに進化させるためのカード。早くタッチできればその分早く敗北できるので4枚。

 

トレーナーズポスト

ズルいカード。エクストラで最強のカードだと思う。強いので最大枚数採用。入れ(r

 

ポケモン回収サイクロン

このデッキのエーススペック枠。グッズではあるがサポートと同等の効果を持っているため、フウロやブルーの探索から持ってくることができるのが優秀。エーススペックの仕様上1枚しか入れることができないので1枚採用。

 

おとりよせパッド

※6/20追記

コイントスからの最速敗北ルートを狙えるので再採用。厚めに4枚。万が一手札にムウマムウマージが溜まって特性ふしぎなことづけが使えなくても回収ルートに変更しやすいため、フウロやブルーの探索よりも使いやすいと判断。

 

AZ

最速で負けたいので4枚。特に言うことはない。

 

ミツル

やみのいしを使わずに進化できるので採用。先攻を取られてミツル→オーロット(もりののろい)コンボによるグッズロックでもベンチアウトを狙えるように4枚採用。

 

クロケア

AZ同様ベンチアウトを狙えるので4枚。AZ、ミツル、クロケアの12枚あれば流石に1枚くらいは早い段階で手札に来ると思う。多分だけど。

 

フウロ

やみのいしポケモン回収サイクロンにアクセスできるのでとりあえず4枚。正直2枚くらいでいいと思う。

※6/20追記

枚数が3枚になりました

 

ブルーの探索

フウロと同じ動きをするサポート。3枚採用している理由は前述した通りなので割愛。フウロ同様抜いても問題ないカードなので要検討。とりあえず採用。

※6/20追記

全て抜きました。

 

 

 

これでポケカ敗北RTAで世界を狙えるぞ!!

 

 

 

 

 

 

いや目指さねぇよ(マジレス)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわれ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おしまい